2016 / 06 / 08

Channels

アジアの新興AXMANが日本上陸!大手ヨーロッパブランドのOEMで鍛えぬかれた技術の結晶がオリジナルブランドとして開花!国内取扱はNYC

ジャイアント、メリダの台湾2大巨頭はOEMで得たノウハウをバックボーンに、今や世界を代表するブランドにまで成長を遂げた。そしてここ数年で急成長を遂げ、一気にのし上がってきたのがAXMAN(アックスマン)だ。大手ヨーロッパブランドのOEMとして鍛えぬかれた技術を引っさげてオリジナルブランドを立ち上げると、瞬く間に世界的に評価を獲得、そして遂に日本上陸を果たす。取り扱うのは個性的なブランドロックバイクスを展開をするNYCだ。第3の台湾ブランドが今日本で動き出す。

        

                                『急成長ながらも堅実に成長CAXMAN

プレスリリースより
この度、新進気鋭のレーシングブランドAXMANと正式に代理店契約を交わしましたのでお知らせ致します。AXMANは立ち上がって3年の若いブランドですが、OEMメーカーとしては30年以上の歴史がある台湾を本拠地とするメーカーです。カーボンフレームを得意とし西欧ハイエンドブランドのOEM生産をしつつ、アジアマーケットにマッチしたカーボンフレームを自社ブランドで展開しております。カーボン素材は東レ製のカーボンを使用、ハイエンドのカーボンフレームの開発に使用されるプロセス(CFDによる設計や風洞実験)を用い、且つ日本人の身体的特徴にマッチしたジオメトリーを採用。自然な乗車姿勢を可能としており、ライダーのパフォーマンスを100%引き出す設計です。サイズの合っているバイクは乗車時のシルエットが美しく、AXMANは素晴らしいライディングだけでなく、最高に格好の良いバイクを提供しているメーカーです。

        
                                『FALCON S3 (CAXMAN

国内に導入するモデルはFALCON S3(カーボン)、TEAM C1(カーボン)、HEMERA(アルミ)のシリーズ。FALCON S3ULTEGRA完成車(税別280,000円)とフレームセット(税別170,000円)でブラック/レッドとブラック/イエローの2色展開、東レT1000を使用したアグレッシブなルックスにAXMANの持てるノウハウを全て注ぎ込んだモデルです。

        
                                『TEAM C1 (CAXMAN

TEAM C1105完成車(税別180,000円)ブラック/ピンクとブラック/イエローの2色展開、T800を使用したフレームにフルカーボンフォークをインストールした、華やかなカラーリングが特徴的なモデルです。

        
                                『HEMERA A7 (CAXMAN

HEMERA105完成車A7(税別130,000円)とSORA完成車A3(税別98,000円)の2グレードがあり105完成車はオレンジ/ブルーとホワイト/グレーの2色展開、SORA完成車はブラック/ブルーの1色。105完成車のHEMERA A7はフルカーボンフォークを採用しており、A7A3の両グレード共にAXMANの魅力をアルミで表現したモデルです。(価格は予定価格です。)

 
完成車のスペックはクランクやキャリパーなどコストカットがされがちな部分までSHIMANO製でございます。タイヤやサドルといったパーツ類も一流の物を採用しておりまして、乗り出しの瞬間から最高に楽しめるバイクです。発売開始は今夏〜今秋の予定です。

 
日本語版ホームページは現在準備中ですので、もう少々お待ちください、本国のWEBSITE
http://www.asiasportsgear.comこちらをご覧ください。

News from: CYCLINGTIME.com